安心してデリヘルで楽しむ為の性病知識

知らないが故に無駄に性病の心配をするよりも、最低限度の性病知識を知る事でデリヘルは安心して楽しめますよ。

*

即尺OKのデリヘルを性病にかからず堪能する為に

デリヘルを利用するときなど風俗遊びではほんの少しの性病知識があると、全く無いでは雲泥の差があります。
嫁の居ぬ間にと風俗で遊んだ後に『性病』になっていたら言い訳無用で顔面蒼白になりますよね。

例えば、女性の下半身に潜む性病という最近は同じ粘膜という部分で人間の喉にも感染します。
つまり、本番行為をしていなくてもフェラチオで性病が移る可能性が十分にあるという事ですよね、そして、ピンサロではシャワーなどもない事から性病になってしまう可能性が非常に高いという事ですね。

基礎知識として『ピンサロは風俗店ではありません。』
ほとんどの方が首を傾げて疑問に思うのではないでしょうか。繁華街の駅付近に数千円で遊べるというお手軽さからピンサロは今も人気ですが、警察での取り扱いは正式に『飲食店』という分野なのです。
飲食店だからピンサロは個室という形式はできませんし、カーテンなどでボックス席を区切っても検挙対象となります。
ピンサロに入ると『お飲み物は?』とドリンクを聞かれますよね。飲食店だからです(笑

透明のアルコールは家庭などで机の雑菌を取る、あのアルコールと同じで性病的な検査とは無縁の物。
ピンサロの女性は1日に10名程度をフェラで抜きますが、イソジンなどで口内洗浄をするのは各お客に入るときではなくそのピンサロ嬢が帰る時に1回する程度なんです。つまり・・・一人目のお客様に性病があれば当日の残り9名のお客様は感染の可能性が非常に大きいという事になるんですね。
お客様がピンサロ嬢のフェラで感染すると凡そ2週間程度してから大事な股間のジュニアに違和感を感じて自覚症状がでるには3週間目くらいでしょうか。
錦糸町などでも一般的なデリヘルの場合はプレイ前にシャワーで洗浄して、プレイ後にもシャワーで洗浄するのです。ということは、ピンサロと比べて性病拡大の温床にはなっていないという事なんですね。
デリヘルでも性病の可能性があるかもと心配な方は『即尺プレイ』などを避ければ性病になりやすい女性を外せる可能性があるという事になります。結論からいうなれば即尺のプレイを希望するならば多少のリスクは覚悟して利用する、ということなのです。
またデリヘル嬢が到着する前には必ず念入りに風呂に入るなど最低限の衛生管理をしておく事で病気をもらう確率を少しでも低くしようという努力が必要なのです。
そこは自分の汚れがたまったイチモツを女にくわえさせたいという欲望をとるか、リスクを背負ってでも即尺の快感を得たいと思うかは利用者の自由ではありますがねw

究極の選択をするのであれば性感染症を恐れずピンサロにいくのかデリヘルに行くのかというのは、『安くて手軽にヌケるけど性病感染の可能性がある』というのと『多少価格は上がるがしっかりプレイを楽しめて性病の可能性が低い』ところと、どちらがお好みですかねw
個人的に錦糸町などのデリヘルは性病感染の可能性が低く、少し知識があれば下手な性病の心配も不要と思いますので初心者向けの知っていれば得をする性病知識をまとめて見ました。

衛生面で安心して遊べるお薦めなら錦糸町のデリヘルが有名です。

有名な店や錦糸町でも長く営業しているようなデリヘルでは、女の子の指導と定期的な検査などもしっかりとしているので安心感はかなり違うといえるはずです。どんなに小さな店であっても都心では利用者の人数がやはり違うため、定期的な検査をちゃんと受けさせ、しっかりと検査結果を店に提出するということまでしているものです。
店によっては費用の全額もしくは一部を負担していたり、提携している病院を安く紹介してくれたりということまでしているのです。錦糸町のデリヘル店はこうした万全の対策を行っていることからも衛生面はかなりきっちりとしているはずです。

公開日:
最終更新日:2016/11/15